読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘憂ノート

社会学・教育社会学や社会科指導について。趣味のことも。

読んだ本 11月20日

社会とどうかかわるか――公共哲学からのヒント (岩波ジュニア新書 608)

社会とどうかかわるか――公共哲学からのヒント (岩波ジュニア新書 608)

岩波ジュニア新書の一冊。
社会の中で生きていくためには「滅私奉公」でも「滅公奉私」でもない「活私開公」な価値観が必要であるとのこと。考え方のひとつとしてはすばらしいと思います。しかし「活私開公」に生活するための具体的な内容が薄いので、公共哲学の考え方を概観するという目的で読んだほうがいいです。ちなみにこの手の本は僕は苦手です。
中高生向けのシリーズなので小難しい話もしていませんのでかなり読みやすかったのがgood。